やはり欠かせないVRエンジニア

VRエンジニアの仕事内容はVR技術を活用したコンテンツやサービスを開発することです。
VRは、「CG」と「実写映像」、そしてその二つを融合させた「AR」にカテゴライズできます。
CGは、ゲームの世界に入り込んだかのような感じられるAR技術です。
実写映像は、実際に撮影した映像を使用したもので不動産関連では内見をWeb上でもできるようなサービスとして活用されています。
そしてARは拡張現実とも呼ばれ、実写映像にCGを組み合わせた技術です。

メタバース開発には、次の5つの技術が必要だと言われています。
「AI」、「3Dモデリング」、「エッジコンピューティング」、「5G」、そして「VR・AR技術」です。
メタバースという仮想空間を維持管理するためには「AI」が不可欠です。
仮想空間の構築やアバターの作成、自然言語処理といったメタバースの裏方的な働きをしてくれます。
メタバース内における没入感を演出するためにも「3Dモデリング」の技術向上も大変重要です。
「エッジコンピューティング」はサーバーを分散配置して処理速度を高める技術で、メタバースの高品質化に関わる重要な技術です。
「5G」は膨大な量のデータを高速で通信することが求められるメタバースでも必須の技術です。

最後に「VR・AR技術」ですが、深い没入感がメタバースの核でもあるため、VR・ARは非常に重要な要素となります。
メタバースは簡単に言ってしまえば、「オンライン上のVR体験」です。
つまりVR技術が向上しなければメタバースは実現不可能であり、VRエンジニアの需要も増大しています。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031